読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者の地球の歩き方

アラサー女の気まま日記。ブログ書いたりメルマガ書いたりネットショップ運営したり。。ただいまトレーダーになるべく奮闘中。FB→ http://urx.blue/py0

不動産投資の営業電話がかかってきたら!?

シリーズ化しようかしら笑

 

 

平日の夜
知らない番号から電話がかかってきました

前までは
知らない番号からは絶対に出ませんでした
(後で番号検索すれば良いしと思っていた)

自分でも分かりませんが
なぜか最近は出るようにしています笑

 

 

『遠藤智子さんでよろしかったでしょうか?』


爽やかな男性の声

 

私『はい』

 

それからなんて言っていたのか忘れましたが
”川崎の新築ワンルームマンション”の言葉がでたので
不動産投資だな〜と瞬時に理解しました

 

その後の男性のマシンガントークにびっくり!
相槌うつタイミングさえ許してくれそうにない!

 

一切何も言葉を発しなかったらどうなるかな?
すぐ気づいてくれるかな?と試してみたくなり
一言も発さず

ボーッとパソコン画面を見ることにしました

 

彼のテンションは変わらず
いや、むしろヒートアップしたかのように
永遠話し続けておりました

 

3分以上は
1人で話してらしたのではないでしょうか

 

ようやく
『遠藤さんは、○○ですか?』
←これすら覚えていない笑
(なんとか年金?って言っていたような)

 

私『いえ、違います』

『あ、そうですか〜』

アッサリと
最後まで爽やかに去っていかれました

 

仮に不動産投資に興味があったとしても
この電話でお願いしようと思うでしょうか?
ちょっと話を聞いてみようと思うでしょうか?

 

電話での営業って
かなり難易度が高いと思いますが
それにしても度肝を抜かれた瞬間でした

 

 

でも、これはかなり勉強になりまして
良い所をバーッ!と話されても
何一つ記憶に残らないのですよね

 

仕事だけでなく
人間にもいえると思うのですが
一方通行では良さは伝わらない

 

かといって、

買いたい!
会いたい!って思って貰うために
知ってもらわないといけないので
露出はしないといけない

 

これは
人それぞれ好みがあると思いますが
私はチラ見せがタイプかもしれません

 

全然前に出ないのに
輝きが溢れ出てしまっているような、ね

 

もう一歩外を出たら営業
メール開くたびに営業
常にセールスされているわけです

 

それをどうとるのか
受け取るのか
どれを選択するのか

 

毎日が学びであります