読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合者の地球の歩き方

アラサー女の気まま日記。ブログ書いたりメルマガ書いたりネットショップ運営したり。。ただいまトレーダーになるべく奮闘中。FB→ http://urx.blue/py0

日曜日の哲学

昨日、相棒をながら作業で観ていたら

どんどん惹きこまれ

最後まで観てしまいました、、

寝不足です笑


相棒中毒になりそうで怖いっ(* ˃͈ ㅿ ˂͈ )


推理とかサスペンス、ホラー系好きなのです

ブコメも好きだけれど♡

、、って考えると

アクションやファンタジー系はあまり観ないかも?


ヒッチコックとミヒャエルハネケの作品も中毒になり

一気に観たなぁ

彼らの独特な世界観が大好き♡



話を戻します


昨日の相棒で出てきた

『正義は立場によって変わる』

っていうセリフが印象的でした


みんなそれぞれ自分の正義のもとに生きている


自分の中に善と悪があるだけ


だから戦争もなくならない


それを上辺だけでも通せたり出来るのは

一部の権力者、、だけなのか?


”みんなそれぞれ自分の正義のもとに生きている”


これが分かっていれば

ひと息おいて周りを見ることが出来るかもしれない


また、

自分にとっての正義とは何なのか自問自答してみると

大事なモノが見えてくるかもしれない

モテたければ、ときメモをマスターせよ!

とある業界の経営者の方とお話をする機会があり、

その方が
”最近の男性が女性化している”
と嘆いていらっしゃいました。

若い男性を教育したりするらしいのですが、
打たれ弱いとか
構ってちゃんが多いそうです。

草食男子どころか
もはや
ストロベリーショートケーキ男子であり、

私の周りには
尊敬しかないデキル男性しかいないので
衝撃的なお話でありました。



ということは
学園のマドンナ 藤崎詩織を狙う男性は
皆無なのだろうかと疑問を持ちました。

コナミから出ていた大人気恋愛シュミレーションゲームであり
私もディスクが擦り切れる位やり切ったのですが、
このゲームが素晴らしい出来でして。

主人公は勉強や運動や容姿やらを磨きつつ
デートやイベントを繰り返して
女の子と仲良くなりながら
卒業式で告白されるのがクリア。

その中でも
藤崎詩織は全パラメーターが高くなくてはいけない、
クリアが一番難しい女の子なのです。


学園の中でも個性のある女の子が沢山出てきて
その女の子によって
好きなもの嫌いなもの
嬉しいコメント嫌いなコメントがあって

放置したり
別の女の子と仲良くなりすぎたりすると
良くない噂が広まり爆弾が発生してしまいます。
爆弾が爆発すると
主人公に対する女の子全員の評価が下がってしまうという。。
(怒った顔で主人公の前に現れたと思ったら、だんまりで走り去ってしまったり。女子特有の『言わなくても察してよ!』攻撃や、女子の情報網などがリアルすぎる)

自分を高めつつ
目当ての女子にアタックしつつ
他の子とは付かず離れずの距離で評判良く務める。

これをリアルで出来れば
モテるのではないか?
と思うのです。



抗議は受け付けておりません笑



ちなみに私は鏡魅羅が好きでした笑


空を見なよ

空を見上げたら飛行機雲

(シャ乱Qの空を見なよが頭から流れてきた。今思い返すと名曲だね)

(どうでもいいけれど、つんくさんと同じ誕生日!笑)

 

子供の頃は
何もかもが新鮮で興味があったのにね

 

私はそうでもなかったが笑

 

 

明日ここにいるのかも分からず

いつも生きた心地がしなくて


ただただ自分の感情を押し殺して
この場を乗り切るしかなくて

 

それがスタンダードになっていて
自分の気持ちは見て見ぬ振り

 

こう思ってはいけない
善い人間と思われなくてはならない
そうこうしているうちに
自分は何を思っているのか分からなくなる

 


だから生き辛く
いつまでたっても変わらない

 


私には恐怖と怒りが
根強く残っていて
今だに高圧的な方だったり
少しでも強い口調で言われたりすると
ビクついてしまうし
同時に反発心も出てきて
戦おうとしたりする部分がある

これにようやく気づいたのだ

 


今までも現在にも起きている事は
私の無意識のなかで考えている事だった
嫌なのにむしろ望んでいたのか?

 


小さい頃から今までの自分の中に
答えは常にある
(物事に正解も不正解もないですけれどね)

 


そこからの脱却方法はまだ分からないけれど
とにかく自分の気持ちを聞くようにして
(周りの意見も世間で常識な教えなども一旦無視する)
たとえ人を傷つけてしまったとしても
自分の気持ちを優先させる事を
少しずつしている

 

もちろん、
他者への気配りや思いやりも大切

 

そのバランスが難しいところではある

 


そして
その無意識の変更もなかなか難しいが
そうやって
自分の本当の気持ちを聞くようになっていけば
選択肢が変わっていくと思うし
選んだ選択の環境によってまた変わっていく

 

 

自分を蔑ろにして
周りを伺ってばかりだと
何かの餌食になり続けるだけ

さくらんぼ美味しんぼ

学校の給食で
ご飯と牛乳の組み合わせって拷問だと思うのは
私だけでしょうか
(組み合わせというか、牛乳飲めませんが)

 

きっと、海原雄山が私の父親だったら
学校に殴り込みに行っているでしょう

(美味しんぼ第1巻の山岡さんの顔がクッキングパパかと見間違えたのは、私だけではないはず)

 

 

担任の先生によっては
給食全部食べ終わるまで片づけてはダメ!という
ドSノルマを課せられ
真面目な子は掃除の時間になっても
一人食べ続けるという。。


側からみたら
イジメは職員室で起きているんじゃない、
教室で起きているんだ!
状態でありました
(もう時効だから言ってしまいますが、その頃の私は皆んなに気づかれないように、苦手な食べ物をとりあえず口に含んだらナプキンに吐き出し、机の横にかけてある給食袋にこっそり入れて、家まで持ち帰り捨てていました)

 

なぜ牛乳が給食に組み込まれているのだろう?
(今もそうなのでしょうか)


なぜ医療が発達しているのに病気がなくならないのだろう?

なぜ薬を飲んでも鬱は治らず、ますます酷くなるのだろう?

 


当たり前になっている事や
常識となっている事に
いちいち「なぜだろう?」と考えてみると
面白い事に気づくかもしれません


小さい頃
母親がなるべく添加物の少ないもので
手作りのご飯を作ってくれた事に
とても感謝しています
(外食でお子様ランチの赤ウインナーを食べた時、具合が悪くなったなぁ)

 

私は知識がある訳でもなく
たまにカップラーメン食べたりもしますが
ラーメンに餃子・ライスセットが大好物ですが

焼きそばにライスをそっと添えますが

お菓子も甘いものも好きですが
いつも身体の声を聴くだけ

 

でも身体の声が鈍っていては意味がないので
ベースの力をつけていくこと

 

何事も

根底・根本を強化していくことかなと

 

 

ママさんなんかは
お子さんの為に
相当勉強されている方が多いと思いますが
小さい頃からの食をはじめとした
教育が大事だなと感じます

 

 

 

デキる人デキない人の差は
能力の差ではなく
意識の差なのかもしれません

不動産投資の営業電話がかかってきたら!?

シリーズ化しようかしら笑

 

 

平日の夜
知らない番号から電話がかかってきました

前までは
知らない番号からは絶対に出ませんでした
(後で番号検索すれば良いしと思っていた)

自分でも分かりませんが
なぜか最近は出るようにしています笑

 

 

『遠藤智子さんでよろしかったでしょうか?』


爽やかな男性の声

 

私『はい』

 

それからなんて言っていたのか忘れましたが
”川崎の新築ワンルームマンション”の言葉がでたので
不動産投資だな〜と瞬時に理解しました

 

その後の男性のマシンガントークにびっくり!
相槌うつタイミングさえ許してくれそうにない!

 

一切何も言葉を発しなかったらどうなるかな?
すぐ気づいてくれるかな?と試してみたくなり
一言も発さず

ボーッとパソコン画面を見ることにしました

 

彼のテンションは変わらず
いや、むしろヒートアップしたかのように
永遠話し続けておりました

 

3分以上は
1人で話してらしたのではないでしょうか

 

ようやく
『遠藤さんは、○○ですか?』
←これすら覚えていない笑
(なんとか年金?って言っていたような)

 

私『いえ、違います』

『あ、そうですか〜』

アッサリと
最後まで爽やかに去っていかれました

 

仮に不動産投資に興味があったとしても
この電話でお願いしようと思うでしょうか?
ちょっと話を聞いてみようと思うでしょうか?

 

電話での営業って
かなり難易度が高いと思いますが
それにしても度肝を抜かれた瞬間でした

 

 

でも、これはかなり勉強になりまして
良い所をバーッ!と話されても
何一つ記憶に残らないのですよね

 

仕事だけでなく
人間にもいえると思うのですが
一方通行では良さは伝わらない

 

かといって、

買いたい!
会いたい!って思って貰うために
知ってもらわないといけないので
露出はしないといけない

 

これは
人それぞれ好みがあると思いますが
私はチラ見せがタイプかもしれません

 

全然前に出ないのに
輝きが溢れ出てしまっているような、ね

 

もう一歩外を出たら営業
メール開くたびに営業
常にセールスされているわけです

 

それをどうとるのか
受け取るのか
どれを選択するのか

 

毎日が学びであります

 

 

ストロベリーオンザショートケーキ

先日、尊敬する女性から

アドバイスを頂く機会がありまして。

 

その中でも

焦りで行動していると

ご指摘頂き、

メンソレータムのリップが手についたまま

目をこすった時と

ほぼ同等の感覚で目が覚めたのですが。。

 

確かに

常に焦っているっ!

そしてそれが常に空回っていて

それを常に自覚していて

さらに常に焦り焦り焦り。。

アサリが夢に出てくるくらいです

(最近はないけれど、何かに追いかけられていて、走って逃げているのだが、速く走れない夢を何回も見ていた)

 

 

そこからは

何をするにも

”これは焦りからの行動かな?思考かな?”と

自分に聞くようにしています

 

自分の心に蓋をして生きてきましたから

(自覚なし)

自分が思うことが分からなくなっているのですね

 

 

すぐ相手や周りの人のことを考えてしまう。。

 

なので

自分との会話を凄く大事にしています

 

まだまだ

自分のことが理解できませんが

攻略がいがあるってものでしょう(笑)

 

 

 

突然ですが

あなたはショートケーキは

イチゴから食べますか?

(深キョンのドラマを思い出しますね)

 

 

私は小さい頃は

”イチゴは最後”

にとっておく派

 

中盤は

”イチゴから食べる”

に意識して変えました派

 

最近は

最後にとっておく派に

戻っちゃっていたなと思いました

 

どちらが

良い悪いではないと思いますが、

(後味を爽やかにしたいから最後にする方もいるだろうし、そもそもイチゴが嫌いで残す方もいるでしょう)

私は真っ先にイチゴをフォークに刺して頂く

そんな生き方をしたいと思います

 

 

 

苦労した先に幸せがある

という考え方が日本人には多いのか?

苦労の見返りに幸せがあると思いがち

 

私は小さい頃

その考え方が不思議で仕方ありませんでした

 

幸せが待ってるという根拠がどこにあるのか?

苦労の先は苦労に繋がる確率の方が高いのではないか

と冷静に考えておりました

 

 

”苦労は買ってでもしろ”とか

”苦労した分だけ優しくなれる”とか

確かにそれもそうなのですが

わざわざそちらの幅を大きくすることはない

のではないかなと

 

 

かといって

ワクワク!

ハッピー!

キラキラ!

というキャラでもないので、

落ち着いたテンションで

小さい頃の考え方を思い出して

順張りでいきたいと思います

 

 

 

本当は

お金が沢山あったら怖いから

拒否しているのかもしれない

 

本当は

深く愛されるのが怖いから

深く関わらないのかもしれない

 

(古内東子さんの

『誰よりも好きなのに』をBGMに読んでくださいまし)

 

 

 

何が言いたいのか分からなくなりましたが

言葉が降ってきたので

書き留めておこうと思った次第であります

 

 

あまり考えすぎると

病気になるので

哲学者ゴッコも程々に(笑)

 

 

 

 

女性のマンモス狩り手法

今も

マンモス狩りしていた時代と
なんら変わらない

(マンモスがお金に変わっただけ?)

 

ひとつ違うのは、
女性は家を守っていたのが
一緒に狩りに出るようになった事

 

今も昔も
それぞれの知恵によって生き残り
命を繋いできた

 

 

 

だから
この地に生まれ
ここに立っている私達は
大丈夫だと

 

そう思うのです